看護師の業務従事者届って?

看護師というのは働き始めたら定期的に業務従事者届というものを提出しなくてはいけません。

 

看護師になったばかりの人というのはこれをどのくらいの頻度で提出すればよいのか、
また、なんのために提出するのかを知らない方も多いかもしれませんね。

この業務従事者届というのは、どの地域にどのくらいの医療従事者が働いているのかを把握するために提出するものです。

 

地域によっての格差や偏りを無くしたりなどという医療に関する施策を立てるための参考として利用されます。

 

 

看護師の場合この業務従事者届は2年ごとに提出しなければいけません。

 

これは「保健師助産師看護師法第33条」によって義務付けられているものです。
2年ごとに12月31日現在の氏名と住所などを翌年の1月15日までに都道府県知事宛に届け出る必要があります。

 

 

この届出は「業務従事者」つまり仕事について就いている人が対象となるわけですから、
看護師免許は取得したけれども、実際には看護の仕事はしていないという場合であれば届出をする必要はありません

 

あくまでも病院などで業務として仕事をしている方に対して義務付けられているものです。
現在のところ2年ごとということで、2011年→2013年と奇数年の1月15日が期限となっています。