看護師と保健師の違い

スポンサーリンク

看護師と保健師の違いって?

看護師と聞くと同じような職業として保健師という名前も良く聞きますよね。

 

しかし、似たような響きでやっている仕事も同じようなイメージがあり、どのような違いがあるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

これから医療のお仕事を目指すという方にとってもこの違いというのはしっかり把握しておかなくてはいけません。

 

まず看護師にしても保健師にしても「保健師助産師看護師法」という法律で定められている国家資格が必要となるお仕事です。

 

どちらも国家試験で免許を取得しなければできないということですね。

 

保健師の資格を取得するなら

 

保健師というのは保険の指導にあたる者とされており、病気や怪我にならないための指導や手伝いをするもので、看護師は病気や怪我をしてしまった人が治るまでの手伝いをするという違いがあります。

 

 

では全くの別物なのかというとそうではありません。

 

保健師の資格というのは看護師の国家試験に合格した人でなければ取得することができません

 

つまりは保健師というのは看護師からさらに知識をプラスしなければなれない仕事ということですね。

 

もちろんそれだけ取得するのが大変なわけですから収入にも違いが出てくるでしょうね。

 

看護師の方でも保健師の資格を取得したいという方は多いでしょうね。


スポンサーリンク