nst看護師

スポンサーリンク

nst看護師って?

看護師といのは基本的に怪我や病気から健康になるための看護をするという仕事なわけですが、その中でも様々な仕事というものがあり、役割というのもいろいろとあります。

 

例えばnst看護師と呼ばれるものがあります。

nstというのは「Nurtition Support Team」の略であり、日本語で言うと「栄養サポートチーム」ということになります。

 

怪我や病気を治すという際には、薬などの治療だけではなく、体の栄養バランスなどをしっかり管理して、体自体の治癒能力というのも高める必要がありますよね。

 

そういった面で各疾患に応じて適切な栄養管理を行うのがnst看護師の役割となるのです。

 

nstというのは栄養サポートチームという意味なわけで、チームなわけですから多くの人で構成されています。

 

看護師だけでなく医師もそうですし、薬剤師や管理栄養士や作業療法士、理学療法士など様々な職種の人がチームの一員となります。

 

ではその中でどういった役割を持つのかということですが、例えばカテーテルを管理したり、患者の栄養状態のチェック、身体測定などを行い、患者の体の詳しい状態を把握してそれをnstの他のメンバーへと伝えることが主な役割となります。


スポンサーリンク