看護師の離職率

スポンサーリンク

看護師の離職率は高い

看護師というのは非常に憧れているという方は多いと思います。

 

「白衣の天使」という言葉があるくらいで、特に女性の方は看護師を目指して頑張って勉強をしている方もたくさんいるでしょう。

しかし、実際に働いてみると憧れと現実のギャップというものがあまりにも大きく、非常に離職率が高いというのが現状なのです。

 

特に働き始めた新卒から1年以内の看護師離職率は10%近くあり、実に10人に1人は働き始めて1年以内には辞めていってしまうということです。

 

年配の方からすると「最近の若者は・・・」と感じるのかもしれませんが、しかし今の看護師の職場というのは実際にかなりキツイものだと言われています。

 

勤務時間は長く夜勤も多い、やはりどこの病院も人手不足ということで、一人当たりの仕事の量というのが非常に多く肉体的にも精神的にもかなりキツイ仕事だと言えます。

 

病院からすると新人の離職率が高いということはなかなか看護師が育っていかないということでもあります。

 

人がいなくて職場環境がキツくなり、そうなることでまた離職率が高くなってしまうという悪循環なわけですね。

 

各病院ではそういった状況を改善すべく働く人の環境を良くするための取り組みというのもいろいろと行われていますね。


スポンサーリンク