看護師の早期離職

スポンサーリンク

看護師の早期離職が問題になっている

看護師というのは非常に過酷な仕事というのは有名ですよね。

 

勤務時間は非常に長く夜勤もありますし、その上休みもなかなか取れない、しかも仕事中はほぼ立ちっぱなしですし、医療の現場ということでミスができな緊張感もあります。

そういったことで肉体的、精神的にかなりキツく、早期離職してしまう方も多い職業です。

 

新卒で看護師になった方というのは学生の時と大きく生活のリズムも環境も変わってしまいますし、中には人間関係が原因で早期離職してしまうということも非常に多いようです。

 

ただでさえ看護師というのは人手が足りておらず、新しい人が入ってきても早期離職してまた人が減ってしまうと、さらに一人当たりの仕事量が増え、職場の環境が悪くなってしまうという悪循環なわけですね。

 

最近では国家試験で看護師の免許を取って病院に就職した新人の方の約10%、実に10人に1人が1年以内には離職しているというデータもあります。

 

やはり実際に働くまでに描いていた憧れや希望と、働いて実感する現場での環境というものに大きな差があるということでしょうね。

 

そういうわけで医療業界では今早期離職をいかにして防止するかというのが重要なテーマとなっています。


スポンサーリンク