看護師の退職理由で考えられること

看護師というのは多くの方が憧れ、がんばって国家試験に合格し免許を取るわけですが、
その反面で退職してしまう人というのも非常に多い仕事です。

看護師の方が退職していく理由というのは様々なですが、
中でも退職理由として多いのはやはり肉体的、精神的に非常にキツイ仕事だというところです。

 

勤務時間の長さはもちろん、夜勤というのも多いですし、
また多くの患者さんを相手にしなければいけないことで、精神的にもかなり辛い仕事です。

 

特に学生から看護師になったばかりの新人の方というのはそういった環境に馴染めず、
始めて数ヶ月で辞めてしまうというケースも少なくありませんね。

 

 

また、退職理由の一つとしてこちらも多いのが職場の人間関係ですね。

 

過酷な勤務環境に加えて現場の人間関係というのは大きな要因になるでしょう。
やはり肉体的、精神的にきつくなってくると他人への人当たりというのも悪くなることがあります。

 

ストレスを溜めやすい職場ですから、ふとしたことで人間関係のトラブルにも発展してしまいます。

 

そういった事が退職理由となっている方の場合、他の病院へ行ってもまた同じ事の繰り返しになってしまうことも多いですね。
もちろん良い人間関係が構築されている職場であれば逆にそれが救いになるということもあるでしょうね。