看護師とワーキングホリデー(ワーホリ)

スポンサーリンク

ワーキングホリデー(ワーホリ)を利用する看護師

看護師さんの中には将来海外で働きたい、あるいは海外でも働けるように英語を学んでおきたい、というように考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

例えばボランティアなどで海外で活動をするのであればある程度英語が話せるというのは必須になりますよね。

 

しかし看護師という仕事はかなり忙しくて休みも取れないような毎日ですから、その中で働きながら英語を勉強するというのもなかなか難しいです。

 

しかし例えばワーキングホリデー(ワーホリ)を利用して海外に留学するという方も中にはいらっしゃいます。

 

ワーキングホリデー(ワーホリ)を利用して海外で看護師の資格を取得するというシステムもあるので、すでに英語がある程度できるというのであれば、看護留学という形で資格を取得する方もいますね。

 

ワーキングホリデー(ワーホリ)が利用できる国というとオーストラリアやアメリカ、ニュージーランドになりますが、中でも看護師を海外から積極的に受け入れてるのがオーストラリアです。

 

オーストラリアは医療のレベルに関しても先進国と言われていますから、看護留学では人気ですね。

 

海外で語学を学んだりしても日本に帰った時に仕事がないのではと心配な方も多いかもしれません。

 

しかし看護師の方であれば他の職業と比較して再就職はしやすいので、そういった心配はあまり必要ないかもしれませんね。


スポンサーリンク