ずる休みする看護師の心理

看護師の仕事というのは想像しているよりもかなり厳しい仕事と言えるのかもしれません。

 

『白衣の天使』などと言われて憧れる方も多いとは思いますが、
実際に働いてみると勤務時間の長さや夜勤など忙しさで肉体的にも精神的にも非常にキツイ仕事でしょう。

特に看護師になったばかりの新人の人の中にはどうしてもそういった事に耐えられずずる休みをしてしまう人も少なくないようです。

 

仕事に行くのが嫌で嫌で、そこから逃げるためにずる休みをしてしまうのでしょう。

 

 

自分はたしかにそれで仕事から逃れて一時的には楽になるかもしれません。

 

しかし、看護師の現場というのはどこも人手不足で、一人でも多くの人が欲しいはずです。

 

誰か一人がずる休みをしてしまうことでそのしわ寄せが他の人に行ってしまうのです。
自分が逆の立場ならそれを許せるでしょうか。

 

一度ずる休みをしてしまうとそれが癖になってしまう方もいるでしょう。

 

 

そうやって仕事を避けていていずれは耐え切れずに辞めてしまう人も少なくないでしょう。

 

しかしどんなにキツイ仕事だったとしても自分で選んだ仕事です。
ましてや看護師というのは国家試験に合格した選ばれた人のはずです。

 

息抜きというのは必要だとは思いますが、責任を持って仕事に取り組みましょう。