看護師ならぜひベビーサインを覚えたい

看護師の方のなかにはベビーサインを覚えたいと考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもベビーサインというのが何か知らないという方もいるかもしれませんね。

 

これはまだ言葉を話すことができない乳幼児などと身振り手振りを使ってコミュニケーションを行うという方法で、その際に用いるジェスチャーの事を指す場合もあります。

 

乳幼児と接することの多い看護師の方にとっては、言葉を話せない乳幼児とのコミュニケーションというのはなかなか大変で、意思の疎通ができずにストレスになってしまうこともあると思います。

 

ベビーサインでは例えば「眠い」や「怖い」などの動作を表すジェスチャーでコミュニケーションを取ることで、看護師が乳幼児と接する際のストレスを軽減する効果があります。

 

もちろん、乳幼児が何を伝えたいのかを理解することで乳幼児の安全や健康のためにも効果があります。

 

 

また、ベビーサインを通してコミュニケーション能力が向上することや、その後の言葉の習得にも良い影響があるとも言われています。

 

基本的には育児の際に母親が習得しておきたいものではあるのですが、看護師の方が習得していれば、いろいろと役に立つこともあるでしょうね。