看護師が着るカーディガンの色って?

看護師の方というとやはり白衣を着ているというイメージがありますよね。

 

ちょっと古いかもしれませんが「白衣の天使」なんていう言葉もあるくらいです。

そんな看護師さんもちょっと肌寒い季節には一枚上に羽織る物としてカーディガンを着ていることも多いですね。

 

そう言われて思い浮かべてみると確かに看護師さんがカーディガンを着ている姿が思い浮かびます。

 

だいたいそういった場合、看護師さんが着ているカーディガンというと紺色をイメージしますよね。

 

たしかに一昔前までは紺色というイメージが強く、実際にみなさんそういった地味な色を着ていました。

 

もちろん病院の規定で色が決まっているということもあるかもしれませんが、最近では看護師さんのカーディガンというのも非常にカラフルになってきていますね。

 

 

特に多いのはパステルカラーというやつで、薄目のピンクやブルー、グリーンなど、いろんなカラーのものを着ている人を見ることができるかと思います。

 

こういった淡くて明るい色というのは人の気持ちを和らげる効果があるとされており、なにかと落ち込みがちな患者さんの精神的な面でも効果があると言われています。

 

確かに暗めの色よりは明るい色の方が見ていて気持ちも明るくなりますし、優しそうなイメージに見えて安心感がありますよね。