看護師による動脈採血

スポンサーリンク

看護師による動脈採血はグレーゾーンか

看護師の仕事というのはいろいろあるのですが、医療の現場において、看護師が行える医療行為というのは法律によって範囲が決まっています。

医療行為の中には看護師は行なってはいけないもの、医師のみが行えるものというものがあり、明らかに違法とされている行為というのは多々あるのですが、中には行なっても良いのかどうかというのが人によって判断が異なる行為というものがあります。

 

例えば動脈採血という行為は法律上は明らかに禁止とは明文化されておらず、人によって解釈が分かれるようです。

 

人によっては違法行為であり、罰せられるべきだと言う場合もあります。

 

しかし実際の医療の現場においては看護師による動脈採血は多くの病院で行われているということです。

 

ただそれによって罰せられたということもないようで、いわゆるグレーゾーンという部分なのでしょう。

 

最近はどこの病院も医師不足であり、看護師ができる事は看護師に任せてしまおうというのが医療業界の流れになっています。

 

中には特定看護師などの資格を持っている方であれば可能な医療行為というのもあります。

 

動脈採血にしてもそうですが、医療行為を受ける側の患者からすれば安心できる方法で治療を行なって欲しいものですよね。


スポンサーリンク