看護師とインシデント

スポンサーリンク

『インシデント』は看護師の重要業務

看護師の重要な仕事の一つとして「インシデント」というものがあります。

インシデントというのは、医療の現場において、誤った医療行為が行われてしまったけれど、結果患者には悪影響がなかったという事例、あるいは、誤った医療行為が患者に対して行われる前に発見され実施されなかったという事例の事を指します。

 

つまり一歩間違えれば命に関わるような重大な事故になるところだったというような事例の事であり、
そういった事例があった際には「インシデントレポート」というものを書いて報告する必要があります。

 

看護師の方にはそういった事例があったけれど結果無事に済んだのだからなぜ報告する必要があるのか、あるいはそういった事があっても黙っていよう、なんていう人までいるかもしれませんね。

 

しかし、そういった医療ミスにつながるような事例というのは現場の看護師や医師の間で共有することで、再発の防止に役に立てられるのです。

 

そういった事例があったことで注意を促したり、あるいは研修などでどうしてそういった事が起こったのか、二度と起こさないためにはどうすれば良いのかということが話し合われたりするわけです。

 

看護師は人の命を預かる仕事ですから責任を持って、しっかりレポートを書いて報告しましょう。


スポンサーリンク