看護師の業務『静脈注射』

スポンサーリンク

看護師が行う静脈注射

看護師の仕事の範疇といのはあくまでも医師の行う診療の補助であるとされています。

 

そういうわけで医師が行うような仕事とは違い法律上できない仕事というのも多々あるわけですね。

しかし例えば注射というのは看護師でも行える仕事の一つです。

 

中でも静脈注射というのは平成14年から看護師が行う場合でも診療の補助行為の範疇として取り扱うこととされ、法的に行えるように変更されました。

 

それまでは看護師が行える注射というのは筋肉注射や皮下注射だけだったのですが、それ以降は静脈注射ができるようになって、仕事の幅も広がったということですね。

 

しかしそれまでは行えなかったということはそれだけ静脈注射が他と比べて難しい行為だということですよね。

 

もちろん看護学校などの実習でやり方については学ぶわけですが、それでも新人の方などは慣れていないと難しいでしょうね。

 

また、法律上は看護師でも静脈注射を行えるとは言うものの、あくまで医師の指示のもと行うものであり、自身で判断して行うものではありません。

 

また、一人で行うわけではなく医師の監督や指導の元で行うことになるでしょう。

 

これについては日本看護協会などの医療団台からガイドラインが発行されているので参考にすると良いでしょう。


スポンサーリンク