看護師の平均勤続年数

スポンサーリンク

看護師の平均勤続年数って?

看護師というのは非常に厳しい仕事だというのはよく知られていますね。

 

勤務時間が長く、夜勤も多い、休みもなかなか取れず、しかも人の命を預かる現場ということでなにかとプレッシャーもあり、肉体的にも精神的にもかなりキツイ仕事となっています。

そういったこともあって、特に新人の方などは勤め始めても短い期間で退職してしまう方も多いようです。

 

看護師平均勤続年数は約7年程度だと言われています。

 

これは一般的な企業のお仕事の平均勤続年数よりも2〜3年は短いと言われています。

 

その理由の一つとしては女性が多い職場ということもあって、結婚して退職してしまうということもあるのでしょうけれど、やはり大きな理由となっているのは仕事の過酷さという部分でしょうね。

 

平均勤続年数は7年となっていますが、実際には数ヶ月や1〜2年で耐えられずに辞めてしまう方も少なくありません。

 

また、看護師の方の場合だと、他の病院へ転職するという方も少なくありません。

 

それは職場の環境が合わないので環境を変えたいという方も多いでしょうし、自分のキャリアアップのために新しい他の診療科目に挑戦しようという方もいるでしょう。

 

なんにせよ、看護師という仕事はなかなか人が定着しにくいお仕事のようですね。


スポンサーリンク