プリセプターシップで看護師育成

看護師として働き始めたばかりというのは、もちろん看護学校で学んだり国家試験に合格しているわけですから、看護師としての知識等についてはある程度あるはずです。

 

しかし現場での仕事というとなかなかそう簡単にはいきません。

そこで多くの病院では新人の看護師を育成するためにプリセプターシップというものを導入しています。

 

仕事を始めたばかりの新人がプリセプティ、そしてその先輩にあたるスタッフがプリセプターと呼ばれます。

 

一人のプリセプティには一人のプリセプターが付き、業務の流れだったり仕事内容だったりの指導や教育を行います。

 

またプリセプティがその職場へ適応できるようにすることも重要な役割ですし、肉体的にも精神的にもキツイ仕事と言われる看護師の仕事ですから、精神的な面でのサポートをするというのも大事な役割です。

 

当たり前ですが新人のプリセプティが自分でプリセプターを選べるわけではありません。

 

プリセプター次第で職場で上手くやっていけるかどうかというのも左右されるかもしれませんね。

 

また、働き始めてから数年が経てば自分もプリセプターになることもあるわけです。

 

教育する側というのもなかなか大変な役割ですが、新人さんのためにもしっかりと勤めなければいけません。