看護師の適性検査

スポンサーリンク

看護師の適性検査とは

看護師になるためには、まず看護学校で医療についての勉強をしなくてはいけないわけですが、
看護学校に入るための試験として適性検査というものがありますね。

これは受験する人の性格や看護師としての適性を見るために行われるものなのですが、普通の試験の問題のように深く考えて答えるようなものではありませんし、適性検査の結果で合否が判断されるということはほとんどありません。

 

優秀かどうかを見るのではなく、極端に正確がねじまがった人や不適格な人を見つけるために行うわけです。

 

ですから、あまり心配する必要もなく、思ったままに素直に回答していけば良いのです。

 

看護師としてはこっちの方が好印象かな?」などと考えるのは良くないですね。

 

適性検査とは言ってもいくつかの種類があります。

 

たくさんある中でもよく使われれるのが「Y-G性格検査」というものと「内田・クレベリン精神検査」という検査方法です。

 

Y-G性格検査」は120個の質問に回答することでその人の性格を判断するという適性検査です。
約30分間の試験でその人の情緒、人間関係、行動、知覚の特性がわかります。

 

内田・クレベリン精神検査」は一桁の足し算を前半15分、後半15分の計30分行うもので、受験者の安定度、集中力、持久力を知ることができます。


スポンサーリンク