9Kの看護師

よく過酷な労働環境を表す言葉として「3K」という言葉が使われますよね。

 

この「3K」というのは「きつい」、「汚い」、「危険」の3つの言葉の頭文字であるKからとったもので、
非常に過酷な労働環境であることを表現した言葉です。

しかし、看護師の仕事はこの「3K」どころではなく「9K」であると言われています。

 

つまりは厳しい労働環境を表す「K」が9つもあるそれほど過酷な仕事だということですね。

 

 

看護師の仕事における「9K」とは次の通りです。

 

まずは「3K」と同じく「きつい」、「汚い」、「危険」
そしてこれに加えて「休暇が取れない」、「化粧がのらない」、「結婚できない」、
「規則が厳しい」、「給料が安い」、「薬に頼って生きている」の6つのKが続いています。

 

 

この「9K」を見れば看護師がいかに大変な仕事なのかということがよくわかると思います。

 

実際看護師というのは肉体的にも精神的にもキツイ仕事であることは有名でしょう。
こういった環境から、せっかく資格を取って仕事を始めてもわずか数年、数カ月で辞めてしまう人も少なくありません。

 

白衣の天使という憧れだけでは簡単には続けることができない、覚悟と忍耐力、
そして看護師という仕事に対してやりがいを感じる人でなければなかなか厳しいですね。