看護師の燃え尽き症候群

スポンサーリンク

看護師の燃え尽き症候群『バーンアウト』

看護師の職場において、深刻な問題となっているのがバーンアウトという症状です。

 

バーンアウトというのはそれまで熱心に仕事に打ち込んでいた方が、
突然無気力状態になってしまうことで、いわゆる「燃え尽き症候群」とも言われています

看護師の方の中でも特に多いのが命に関わるような病棟で働いている方の場合です。

 

毎日毎日人誰かが亡くなってしまうような職場で、必死になって患者さんを助けようと頑張ってはいるものの、それでも亡くなってしまうという状況で自分の仕事に対して空しさを感じてしまうというケースが多く、仕事をしているうちはまだ良いのですが、仕事が終わって休みの日などになるとバーンアウトの症状が出て、何もやる気が起こらず、何も手につかずただボーッと一日を過ごしてしまうという方も多いようです。

 

看護師というのは肉体的にはもちろん精神的にもキツイ仕事であり、
他の一般的な仕事と比べてもバーンアウト状態になってしまう方も多いということです。

 

バーンアウトを防ぐためには十分な休暇を取ること、そして仕事中でも仲間や上司とコミュニケーションをとり相談すること。

 

そして自分の仕事についてはもっと前向きに考えるということも非常に重要になってきますね。


スポンサーリンク