看護師を過労死に追い込まない

スポンサーリンク

看護師が過労死にならないために

看護師というのは一般的な仕事と比べて非常にキツイ仕事ですよね。
大きな問題となっているのが看護師過労死についてです。

過労死というのはその名の通り働きすぎたことによるもので、長時間の残業だったり休日出勤などの結果として、精神的、肉体的な疲労によって死にいたってしまうことを言います。

 

特に看護師の現状というのはどこの病院でも人手不足ということもあり、一人当たりの仕事の量や仕事の時間というのが非常に多くなっています。

 

それに加えて24時間体制の仕事ですから夜勤の仕事も多くなります。
さらに仕事だけでなく子育てや両親の介護なども併せて行なっている方というのも少なくありません。

 

長時間の勤務に休みも思うように取れなかったりと疲労が蓄積するのも当然の環境となっていますよね。
しかも人の命を預かる現場での仕事なわけですから、ミスをできないというプレッシャーも大きいでしょう。

 

過労死を防ぐためにはとにかく無理をしないということです。

 

確かに看護師というのは人の命を預かる仕事ですので、弱音を吐けない環境ですし、責任感の強い人なら一層言い出しにくいでしょう。

 

しかし無理をして体や精神を壊してしまったのではもっと困ることになるわけです。

 

そうなる前に同僚や上司に相談して、決して無理をしないようにしましょうね。


スポンサーリンク