看護師と看取り

スポンサーリンク

難しい仕事『看取り』

最近は看護師をしている方の中でも看取りというお仕事をされる方が多くなっているのではないでしょうか。

看取りというのは近い将来に亡くなられる可能性が高いという方に対して、身体的や精神的な苦痛をできるだけ和らげ、死に至るまでの時間を充実して過ごせるように援助することで、終末期の看護をするというものです。

 

看護師というのは通常怪我や病気を治すという仕事ではありますが、最近は本人あるいは家族の方がこういった看取りを希望するということが多いようですね。

 

しかし、なかなかそう簡単なお仕事ではないですよね。

 

死といものをどのように受け止めるかというのは非常に難しい問題です。

 

人それぞれ価値観というものが違い、本人や家族の思いというのも考えなければいけません。

 

基本的には危険な状態になったとしてもそのまま看取るということなのですが、そうは言ってもどの程度の状態までなら延命をするのかというのも難しいですよね。

 

本人や家族の精神的な面ももちろんですが、看取りをする看護師のスタッフ側の心のケアというのも必要になることもあるでしょう。

 

最近は薬や機械で無理に延命することを望まない人が増えていますから、今後はもっと増えていくことになるかもしれませんね。


スポンサーリンク