看護師に多い『睡眠障害』

看護師の方のお悩みで多いのが「睡眠障害」です。

 

睡眠障害というのは寝たくても眠ることができなかったり、あるいは急に眠たくなってしまったり、また、眠っている間に異常な行動を起こしてしまったりと様々です。

なぜ看護師睡眠障害が多いのか、というのはやはり夜勤が多いということが最大の原因でしょう。

 

人間というのは基本的に夜には眠るというように体が作られています。

 

しかし看護師の方は夜勤をすることによってそのリズムを乱してしまいます。

 

夜勤をすることもあれば日勤をすることもあるでしょうから、いわゆる不規則な生活で、それを続けることで眠れないなどの睡眠障害が起こってしまうのです。

 

しかも、看護師というのは非常に精神的にもキツイ仕事です。

 

勤務時間などについてもそうですがなかなか休暇を取ることもできなかったり、人の命を預かる職場ということでミスができないプレッシャーが常にあったり等、非常に大きなストレスを抱えている方が多いのです。

 

しかし睡眠障害をなくすために夜勤を無くせるかというとそんな事はできませんよね。

 

誰かが必ず行わなくてはいけない仕事なわけですから無くすことはできません。

 

できることは少しでもストレスを溜めないように日々過ごすということ、そして無理をしないということですね。