看護師のワークライフバランスについて

スポンサーリンク

看護師とワークライフバランス

最近良く耳にする言葉に「ワークライフバランス」というものがあります。

 

これはどういったものかというと、ライフ(生活)とワーク(仕事)の調和という意味であり、やりがいを感じて仕事をしながらもプライベートな時間も大切にした生活を送ろうといったようなものです。

看護師の世界というのは非常に厳しく、離職率も非常に高いと言われています。

 

特に新人の看護師は勤め始めて1年以内に10%近くの方が退職しており、その原因の多くが学生生活から看護師の激務の生活へと、生活が一変してしまうことによる肉体的、精神的な疲れとされています。

 

看護師の世界の現状としては忙しすぎて「ワークライフバランス」どころか、プライベートな時間を充実して過ごす余裕すらないわけですね。

 

離職率が高いことから現場の人員が減り、さらに残った人の仕事量が増して労働時間が増えるという悪循環なわけです。

 

だからこそ今医療の現場、病院では働く医師や看護師の「ワークライフバランス」が大きな課題となっており、いかに充実した生活を送れる環境を作り、離職率を下げて長く働き続けることができるかというのが重要になっています。

 

特に女性のように結婚したり妊娠したりで休職、退職がない男性の場合に、男性も育児休暇が取れたり、家庭や地域生活に参加しようという取り組みが行われているようです。


スポンサーリンク