看護師国家試験の合格率

スポンサーリンク

比較的合格率が高い看護師国家試験

これから看護師を目指そうという方にとってはちゃんと免許が取れるかどうかというのは心配ですよね。

 

看護学校に真面目に通っていたとしても、看護師になるためには国家試験を受け、合格して免許を取らなければいけません。

当然国家試験は誰でも合格できるというわけではないのでしっかり勉強をしなくてはいけません。

 

そこで気になるのは看護師国家試験合格率ですよね。

 

受かるかどうか心配という方にとっては非常に気になるとは思いますが、看護師国家試験合格率は医師や弁護士などと比べればかなり高いと言えるでしょう。

 

これまでの合格率を見れば平均して90%以上はあるようです。

 

過去には例えば平成6年に実施された試験の際には合格率は98.9%なんていう非常に高い時もありました。

 

しかし一方で平成10年の場合だと83.6%と少し低めになっていますね。

 

ここ10年くらいははほとんど90%の前後2%くらいで推移しているので、これが大きく下がるということはまず考えられないでしょうね。

 

かなりの確率で合格出来る試験ということなわけですから、真面目に勉強している方でしたらほぼ大丈夫でしょう。

 

そうは言っても絶対なんていうことはありませんから、ギリギリまで頑張りましょう。


スポンサーリンク